~やわ猫ブログ~

埼玉在住のランナー☆フルもウルトラも走ります!日常のラン記録だったり、出場した大会の記録を書いていきます☆

ピッチとストライドについての研究!の巻き☆

こんにちわ~(╹◡╹)☆

さわやかな秋晴れというわりに曇りがちな今日この頃。

 

 

さて、昨日はピッチとストライドをそれぞれ意識して走ってみました。

 

ラソンで速く走る為にどうしたらいいかっていうと、

それはたった2つ!

①ピッチ(足の回転数)を上げる

ストライド(歩幅)を広げる

 

以上!!!

なんて単純明快なんだ(^◇^)

 

『走る』って基本動作だけにだれでも出来る簡単なことだけど、極めるとなると意外と奥が深い(。・ω・。)

 

 

 

さて、さっそく昨日のガーミンデータ

▼まずは10キロのタイム

f:id:yawaneko:20181003153950p:plain

●最初の3キロまでは準備運動も兼ねて気持ちのいいペース

●4~7キロまでは『ストライド』意識

●7~10キロは『ピッチ』意識

 

 

▼ピッチとストライドデータ

f:id:yawaneko:20181003154204p:plain

いまどきペイントでマウス使って頑張りました

※仕事中です(๑˃̵ᴗ˂̵)笑

 

4~7キロまではストライド意識しただけあって、

基本の0.93Mと比べると少し広がってます。

でも10センチくらいしか変わらないのか、

ショック∑(゚Д゚)

気持ちはダイナミックに野をかける白馬のイメージだったんですが( ゚д゚)w

 

ストライドは1歩につきわずか10センチ広がっただけですが、ピッチが維持出来てる分、タイムも上がってます。

 

とくに5キロと7キロはいいですね!

しっかりとストライドに比例してます☆

 

 

 

そして今度はピッチだけを意識して走ってみた

▼8~10キロ(ピッチ意識)

f:id:yawaneko:20181003154753p:plain

 

遅くなっとる!(゚o゚;;

イメージは忍者が水面を走るような感じ。

(最後は腿上げしてる感じで、進まねえええ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾と心で叫んだ)

 

ピッチを上げることを意識すると、

ストライドも狭くなってしまいます。(私だけ?)

 

でもすごく頑張ってピッチ上げたわりに大して変わってなくてわろた( T_T)\(^-^ )

 

たまに水面忍者みたいにすごいピッチ数で颯爽と追い抜いていく人がいるけど、彼はほんとに忍者にでもなるんでしょうか?(゚o゚;;

 

あれはなんの練習なんだろう。

バネを鍛えるのかな?

 

 

とりあえず、これからはピッチを上げることを意識するよりは、

ストライドを広げつつピッチを落とさない』

を意識していこうと思います。

 

ストライドあげるとやっぱりハム(もも裏)にダメージがきますね(゚o゚;;

ラソンはフォームが全てだと思うので、なんとかいいフォームを習得していきます!