~やわ猫ブログ~

埼玉在住のランナー☆フルもウルトラも走ります!日常のラン記録だったり、出場した大会の記録を書いていきます☆

過去の怪我

こんにちわ~(*´꒳`*)

土曜日にギリサブ4ランナーのくせに、サブ3.5ペースで15キロ走ったら、久しぶりにハムがけっこうな筋肉痛になってしまいました( ゚д゚) 

 

有酸素運動の数値もこんなの初めて!笑

『体に害を及ぼす』とかこわい・・・

f:id:yawaneko:20181104084410j:plain

 

 

これから4月までフルが6本ウルトラ100キロが1本と、立て続けにレースが入っているので絶対に怪我だけはしたくないです(><)

なので過保護かもしれませんが、2日間休足させました。今はすっかり治ったので、今日からまた走る予定です☆

 

 

わたしはマラソンを始めてから5年になりますが、最近まで速く走る負荷のかかるような練習はしてこなかったので、怪我で走れなくなったのは1回だけです。(多い?少ない?は分かりませんが)

 

 

それは1年前の6月。

打倒!日光ウルトラマラソン!(第1回)

を掲げて、意気揚々と父と弟でいろは坂の試走に行った時のことです。

距離的には20キロくらいでしょうか。

 

その時はなんともなく、「思ったより余裕だったねー」と帰ってきたんですが、数日後、いつもの公園でジョグをしていると左膝に違和感。

でも痛みはなく、「走ってれば治るでしょ!」と気にしないようにしてたんですが、いきなりビキっと鋭い痛みが。

 

すぐに止まってストレッチしてまた走り出すが、痛みはよくならず。

その時は大した怪我ではないと思っていたんですが、結局大会の1カ月前から一切練習が出来ず、ただただ減量に努めたのでした。

 

そんな不安の中、100キロ完走出来た時は人目もはばからず泣きました!。゚(゚´Д`゚)゚。

不安で不安でどうしようもなくて、でも絶対に完走したくて、ただでさえ亀ランナーのわたしには制限時間が14時間ってかなり厳しくて、それでも 激痛に耐えながらゴールした瞬間は自然と涙が出ちゃいましたね。

いやー、なつかしい。

 

ちなみに父と弟は50キロくらいでアウト。

このふぬけが!( ̄^ ̄)笑

暑いから〜とか、14時間は無理〜とか言ってました( ゚д゚)笑

 

うちはみんな速く走ることに一切興味なしで、父は「俺だって昔はサブ3狙ってたんだぜ!」とか言ってますが、怪我をして数年間走れなくなり、「速く走ると怪我するぞ!やめとけ!」しか言わないです( ͡° ͜ʖ ͡°)笑

サブ3は達成したら尊敬の眼差しだけど、目指すだけなら誰でも出来るからふーんって感じで聞き流してます(^∇^)w

最近わたしが速く走るの頑張ってるの見て、あんまり応援してくれてる感じじゃないです笑

 

 

話が少し逸れましたが、大会の後は日常生活もかなり辛くて、とにかく膝が曲がらない!靴が履けない!スボンが履けない!自転車に乗れない!階段が登れない!

など様々な支障が_:(´ཀ`」 ∠):

 

そろそろ走れるかな?と思って、解けそうになった靴紐を結ぼうとしゃがんだら、またビキっと激痛。

 

結局ラン再開まで1カ月かかりました_:(´ཀ`」 ∠):

 

でも完走したからいいや〜(^^)

って思えたので、やっぱり怪我は悪化したけどあの時頑張ってよかったな〜と思いました☆

 

 

それ以降は怪我なく楽しいランニングライフを送っています☆

怪我をしてからは少しの違和感にもかなり慎重になっているので、絶対に無理はしません!!

なんとなく変かな〜くらいにしかと思ってなくても、いきなりビキっとくることもあるんです。

みなさんもお気をつけください(>人<;)

 

 【追記】

今度まだ備忘録書いてないウルトラマラソン、思い出して書いてみよ〜っと(^◇^)